株式会社三和

  • ニュース
  • お知らせ
  • イベント
  • リクルート
facebooktwitter
2013.03.12お知らせ

地域材(国産材)の活用 

森林にはCO2(二酸化炭素)を吸収し、C(炭素)を固定化する働き、すなわち地球温暖化を防止する公益的機能がありますが、その機能を充分に発揮させながら木材を利用していくためには、やはり持続可能な管理のもと、ルールに基いた使い方を継続しなくてはなりません。

木材は私たち人間にとって最も身近な存在であり、また、再生可能な資源です。「木を活かし、よりよい暮らしを」を基本理念に掲げる当社では、環境方針として、地球・社会・人との共生を通じて、環境保全に取り組み、なお一層社会に貢献することを目指しています。

その具体的な行動指針のひとつとして、森林認証材、中でも植林材を積極的に採用し、地球規模での環境に配慮した資材の利用を高めていく努力をしています。また、国内においては杉や檜などの人工林が増えており、「植える・育てる・収穫する・上手に使うというリサイクルがCO2をたくさん吸収する元気な森を作る」という取り組みが必要であり、地方自治体においては地産地消の観点から住宅資材および内装製品への国産材使用が推奨されています。

 

山口県産杉フローリング山口県産杉フローリング